体験談!うつで休職からの転職 初出勤の感想編

うつ 休職 転職,転職 初出勤 感想

わたしは一昨年、パワハラによるうつで休職していました。
休職中に転職活動をしていた時の体験談を、連載形式で書いていっています。

今回はついに初出勤編になります。

▼▼転職活動を始めるきっかけ編はこちら▼▼
休職中に転職活動を始めるまでの体験談。うつ病の場合

▼▼1社目面接編はこちら▼▼
休職中の転職活動体験談!面接編 隠すかどうかなども書いてます。

▼▼1社目不採用通知が来たとき編はこちら▼▼
休職中の転職体験談!うつの場合の面接【結果編】

▼▼2社目面接編はこちら▼▼
休職中の転職活動体験談シリーズ!2社目の面接編

▼▼2社目内定編はこちら▼▼
休職中の転職活動 内定の体験談!? 入社するまでの過ごし方

転職初出勤の際に気をつけようと思っていたこと

気をつけようと思っていたのはとにかく疲れないようにすることです。

どうでも良い人間関係のストレスというのは避けたいと思っていました。

友達を作る場所ではないという意識で。
だけど最低限嫌われないように挨拶や笑顔は心がける。

グループにも極力入らないようにする。

プライベートや彼氏のことも余り話さないようにする。
悪口には極力入らない。

などを考えていました。

ちなみに、新社会人向けのビジネスマナーの本を繰り返し読んでいったのですがそこまで役に立っていないような気がします……w
ただ、謙虚な意識や姿勢を作るという点では読んでいて良かったのかもです。

転職初出勤の際の服装

服装も初日はけっこう気をつけました。
カジュアルな私服が基本の会社ですが、さすがに毛玉のついた服は着ていけないなと思い
H&Mでですが一通り全身分揃えて着ていきました。

トレンド感ありながら華美ではない服装を意識したら、おしゃれだと褒められました。

その業界の中では知名度のあった会社からの転職だったので、
『さすが●●社さんから来ただけあっておしゃれだな』と思われたかった……
みたいな見栄欲がどこかしらにありましたねw

転職の初出勤をしてみて感想

面接で優しかった社長は、事務所で見るとなんだかふてぶてしい印象でした。
社員を呼び捨てにするし印象が悪かったというのが正直なところ。

社長の人間性に惹かれて入社したようなものだったので、まずそこで軽く絶望しました笑

仕組み的にも遅れているというのも印象的でした。
共有フォルダはある人のパソコンの電源をつけないと入れない上に特に分類もされず何でもかんでも放り込まれている状態。
社内の連絡システムなども特になく、今時回覧板が回っているような状態。

前倒しの基準も、前の会社と比べるとびっくりするほどゆるい。
こんなにのんびりしてていいの!?って感じ笑

まあ規模の小さい会社だからしょうがないのかなと思いつつ……
それでも前の会社であったような謎のグダグダ感もなく難なく業務が回っているというのが不思議でした。

教えてもらう業務内容にも、軸がなさすぎてすごくモヤモヤしていました。
そして逆に、前職で軸として大事にしていたことはさらっと全否定されてしまいます。
とにかく表面的なことを当たり前のこととして徹底するよう教えられます。

色々と戸惑いましたが、
謙虚に、自分の意見は出さないようには気をつけました。

新しい会社との価値観の差をすごく感じたのでした……。

転職して初日を終えてみて……

初日の感想は、

しあ

脱サラしたい!!
ということです。

もともと入社する前から、この会社は脱サラするまでのつなぎだと思っていましたが、
より一層、一日も早くこの会社から抜け出したいという思いでいっぱいになりました。

初日の夜、彼とご飯に行ったときにもそれを打ち明けました。

よりブログ活動をがんばろうと思えました。

そうして今日も、例の会社を抜け出すためにせっせとブログを書いているという現状です……。

まとめ

とにかく初出勤の心得としては、疲れないように人間関係を割り切るということを一番意識しました。
そして我を出さないように謙虚に。

会社の価値観と自分の持つ価値観の差にはとにかく衝撃を受けました。
あれから今はようやく慣れつつありますが、でも慣れてしまうと逆にヤバイと思っているので早く辞めたいとずっと思っています笑

うつ病に関してはこの時点では大きな悪化はありませんでした……

が、うつ病の寛解や再発に関するエピソードもまた書いていきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です