寝る前のヨガは安眠に効果あり!?ストレスにも効く?

寝る前 ヨガ 安眠,寝る前 ヨガ 効果,ストレス ヨガ 寝る前

わたしは、数年前からヨガを時々やっていますが、就寝前にヨガをやることで朝がすっきりするように感じています。

人によっては、ヨガをしなければ寝つきが悪く寝ても寝た気がしないし疲れが取れないのに、
寝起きが全然違うというぐらいです。

睡眠の質を高めるためには良いマットレスを使うことや間接照明、香りなどいろいろな工夫ができますが、
その中でも特におすすめしたいことの一つがヨガです。

だけど、本当にヨガは安眠に効果があるのでしょうか?
ストレスも和らげてくれるのでしょうか?
なんとなく効きそうなイメージはあるもののその根拠は?

そのあたりの疑問を解決していきましょう。

寝る前のヨガで安眠できる!?

ヨガの効果は血流の増加、活性化にあります。

程よく体温を上昇させ、腹式呼吸による副交感神経への刺激を行います。
薬よりも安全で効果的な安眠方法ということです。

さらに、起きた後にもヨガを習慣づけることでさらに自律神経を整えることができて効果的です。
ですが、無理のないように。
ヨガは気持ちに余裕にあるときにやった方が良いです。

うつ持ちの場合は朝は気力がわかず夜になると元気になってくる場合が多いので、夜寝る前に行うのはとてもおすすめです。

間接照明や半身浴とあわせてやるとより安眠効果がアップしますよ。

寝る前にヨガをすることの効果とは

ヨガを寝る前に行うことで、単に安眠できるというだけに収まらず、美容効果も絶大なのです。

以前、ヨガインストラクターをしていた友人が、同僚全員肌が綺麗で美人だと言っていました。
血行を促進し、体幹を鍛えてストレッチもバランスよくできるので
美肌、美白、ダイエット効果があるのもうなずけますね。

難しいポーズをやらなくても簡単なもので十分です。
リラックスを高めるポーズをやればOK。

わたしは、太陽礼拝が簡単で脚も伸びるのでそればかりやっています。

が、実は太陽礼拝は実は朝にやると良いバージョン、夜にやると良いバージョンそれぞれあるのです。
夜用の『月礼拝』は、寝る前にやるとリラックス効果、安眠効果を高めてくれます。

動画やDVDを見たりしながらやるとわかりやすいですよ。

ヨガマットがあると良いのですが、普通に布団やカーペットでも簡単なポーズは可能です。
寝る前にはそこまで難しいポーズはしなくて良いので、よほど安定の悪いベッドや硬い床でなければ大丈夫です。

また、就寝時電気を消してからは
寝たまんまヨガというiPhoneアプリを使ったりもしています。

優しい語り声でふくらはぎを伸ばしたり、力を入れたり抜いたりと色々と指示をしてくれます。
やっているうちに、いつの間にか眠ってしまうことがほとんどです。

ストレスにはヨガを寝る前にすると◎

夜は普通に眠れたとしても、一番気になるのがやっぱりストレスです。

うつ病持ちの私たちは、どうしても色々と余計な不安や妄想で頭がいっぱいです。

しかし、ヨガでリラックスしながら体を動かすことでそういったモヤモヤした気分やわけもなく落ち込んだ状態も不思議と和らいできます。

ヨガで血行を促進することにより、自律神経が整い、メンタル面にも働きかけてくれるのです。

やっぱり心と体というのは繋がっているんだなあと思います。

寝る前にヨガをしてストレス解消することで、モヤモヤした気分を翌日に持ち越すことなく
精神面でもすっきりと起床ができるのを実感するはずです。

まとめ

寝る前にヨガをすることで、血行が促され副交感神経を刺激し、安眠、ストレス解消効果が期待できます。
さらに、体の調子も良くなり美容効果も大きいので

無理のない範囲でやってみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です