働きながらうつ病治療。休職せずに良くなってきた!

働きながら うつ病 治療,うつ病 休職せずに,うつ病 良くなってきた

わたしは、昨年うつ病を発症し休職しました。
その後転職し、うつの症状も一度は寛解しました。

しかし精神科への通院を卒業してから数ヶ月、またもうつ病が再発してしまったのです。

しかし休むほどの症状ではなく、最初の傷病手当金の支給から1年半が経っていて再度休職という選択肢はなかったので
『働き続けるしかない。』
と、仕事を続けながらうつを治療することにしました。

そして、うつを抱えながら働くという苦しさを経てようやく症状が良くなってきています。

今回は、働きながらうつが治っていった経過についての体験談になります。

転職後にうつが再発

うつが寛解して会社で難なくやっていけるようになってから数ヶ月。

うつだったときのことも忘れて、わたしはプライベートの時間は極力ブログを書こうと頑張っていました。
睡眠時間を削ったり、みちみちなスケジュール、時間管理を行ったり。
何もかもをストイックにやりすぎた結果、うつ病が再発してしまったのです。

会社でダメ出しをされたり些細なことで傷つきやすくなったり、些細なことがなくても憂鬱になったり。
以前は「この程度でも大丈夫だったのにな。」というようなことでも簡単にダメージを受け、やる気もなくなっていきました。

気持ちが辛くなってきてもそれは乗り越えるものだとしばらくは頑張っていましたが、それでも毎朝『今日はダメだ』と思うようになってしまっていました。

しかし、今回もまた精神科にいくかどうかは迷っていました。

まだ仕事を休むほどの辛さではありません。
しんどいと感じながらも何とか会社には通えています。

甘えなのかなともぐるぐる考えていました。
でも、甘えだとしてもしんどいものはしんどいのです。

どうせ病院に行っても薬を貰って
『無理しないでね』
と言われるだけだろうと思いあえて行かずに踏ん張っていたのですが、やっぱり辛かったのでついに病院を予約したのでした。

働きながらうつ病治療チャレンジ

数ヶ月ぶりに病院に行ってみて、やっぱり先生に話をするだけで少しホッとするのを実感しました。

以前服用していた、イフェクサーという薬も再度処方されました。

しかし、うつの薬は効くまでに時間がかかります。
飲み始めて一週間やそこらで元気になることはないので気長に治療するしかありません。

イフェクサーってやばい?飲み続けた体験談。効果が出るまで&便秘について

会社に通いながらもうつと向き合いながらやったことは、まずはとにかく無理をしないということです。

仕事で頑張ろうとかはとにかく考えないようにしましたし、家に帰ってからはひたすらダラダラしていました。

休みの日も、長らくブログをサボってしまいました。
寝ていたら1日が終わっていたということも。

また、『うつマッピング』をやった中で効果が高く簡単にできる散歩やハーブティーなどで気分をリフレッシュするようにしてみました。

うつマッピングをやってみて効くことや治す生活を洗い出してみた!

『森田療法』なんかも試しましたが、あまり効果は感じられませんでした。

とにかく、自分がリラックスできてうつを忘れられることを探して行っていました。

うつの症状としては何とか働ける程度だったので、ゲームもしていました。

ゲームはやっぱり会社のことなども忘れることができて良いです。

『うつマッピング』著者のほっしーさんは、ペットのワンちゃんと過ごすのが一番効果的だとおっしゃっていたので、わたしは代わりに犬を育成するアプリをやっていました。
が、犬の育成をするためにひたすらパズルゲームをするような内容だったのでしばらくはパズルに夢中になるもののそのうちやらなくなってしまいました。

あとは、ポケモンGOにも復帰。
久々にガチ勢として彼氏とジム巡りなどをして遊んでいました。

うつの症状が改善された後

仕事に行きながらうつを改善するなんて、薬を飲んでいようがストレスで相殺されるのだから無理だろうと思っていましたが、会社でボーナスがなかったこと、人事異動予告、『独立するなら貯金か副業収入ができてからにしろ』と彼に言われたことなど

夢を目指すことに関する様々な刺激を受けるごとに、わたしの意欲は回復していき、どんどん気持ちが前向きになっていきました。

ちなみにまだ病院にも通っていますし、薬も飲んでいます。

だけど、再発してうつトンネルの中にいた頃を思えば、今の自分は確実に楽になったと思います。

仕事に行く前も、満員電車にいるときも、理由もなく憂鬱ということはかなり少なくなりました。

うつが再発したときは、だらけてブログも書かず寝てばかりでしたが、
今となっては
『ゆっくり休んでパワーをためてくれてありがとう。』
と当時の自分に感謝しています。

無理をすると簡単に再発するし、今は休職もできません。
だけど夢があるし今の会社は一刻も早く辞めたいので前には進まないといけない。

だからこそ、いまはメンタルケアをしながら前に進んでる状態です。

まとめ

今回、状態が上向きになるまで働きながらうつ治療をしていくにあたって大事なのは、会社にはなんとか行きながらも、それ以外の時間はとにかく休むという、ごく基本的なことだと思いました。

うつの治し方はとにかくずっと寝ること、たまに散歩。
良くなってきたら好きなことから始めること。

休みながらうつを治すときと同じです。

働きながらなので若干治るペースは遅いですが、諦めず、無理せず、気長に治していきましょうね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です